仕事に使う各種のツールを収めていたUSBメモリを誤って折り曲げてしまいました。
このUSBメモリはキャップが無く、接続端子を本体に収納するスライド式で、固定が甘いのか端子がふいに引っ込んでしまうため、大変使い難かったんです。

またUSBメモリの筐体が幅広のため、ノートパソコンのようにUSBポートが横一列で間隔が狭い場合は、別のUSB機器と干渉することがあったので、この際USBメモリを新しくしたいと以前から考えていました。

ふとしたきっかけで

とある案件で、ノートパソコンを分解してデータをバックアップすることがあったのですが、その内蔵記憶装置が偶々M.2 SSDでした。
分解して取り出したはいいものの接続規格がPCIeで、手持ちのバックアップツールはSATAタイプばかりでしたので、PCIeからUSBに変換接続できるM.2 SSD用のケースGH-M2NVU3A-BKを入手していました。
M.2 SSDはメインメモリのように小さく薄く、しかも高速で読み書きができるため、これを外付け記憶装置に利用できれば、文字通り仕事が捗るのではと考え、今回は案件が終了してちょうど浮いていたそのケースを使って、外付け大容量記憶装置に変身させることにしました。
容量を最低でも1TBにするとして、書き込み速度を調べてみると、本記事執筆時点で5,500MB/sのものが見つかりましたが、価格が2万円台とまだこなれていない感じがしましたので、同容量の最安USBメモリと同等価格で、そこそこの書き込み速度のものを探すことにしました。
この基準に合致したのがADATA XPG SX8100 ASX8100NP-1TT-Cという商品で、価格12,000円、書き込み速度3,000MB/sと良さげです。
早速購入、件のケースに収めてCrystal DiskMarkで読み書き速度を調べてみると、次の図のような速度となりました。
この結果は普段使用しているパソコン内蔵のSATA接続SSDで調べたものと同等の速度です。
さらにFastCopyを使って容量約2GBのMP4ファイルをコピーしたところ、わずか6秒でフィニッシュしました。
このケースはUSB Type-C to C と USB Type-C to A の2種類のケーブルが付属しており、Type-Cのみ搭載の最近のパソコンやタブレットにも対応できますし、ケーブル末端が端子の幅とあまり変わらないので、他の機器との干渉もなさそうです。